ホストクラブ

飲食・フード

女性

21歳

宮城県

時給:1200円

志望動機

ホストクラブのバーテンダーのアルバイトです。そのアルバイトを選んだときは、私はまだ学生だったので、学校で授業を受けた後に働けるかどうかということと、時給が高めのアルバイトかという二つのポイントでアルバイトを探していました。
カクテルなどの飲み物を作るのにも興味があったので、ホストクラブのバーテンダーをしたいと思いました。
また、ホストクラブの世界にも興味があり、ホストクラブに来る人の人間観察や、男性が女性に対してどのように接客するのか、とても興味があったので、ホストクラブのバーテンダーというアルバイトを選びました。

応募、履歴書、面接対策

私自身あまり水商売をするようなタイプには見えないので、ホストクラブの中でも、カジュアルな雰囲気の場所を選んで、アルバイトの応募をするようにしました。
また、私が面接を受けたホストクラブは、時給が他のお店と比べて低めだったので、仕事を得るための競争率は、若干低かったのではないかなと思います。
面接では、なるべく明るい声を出すようにして、元気の良いイメージにするように努めました。
シフトは午後10時から午前7時のあまり人気のないシフトで働けることをアピールしました。

良かったこと

ホストクラブでアルバイトをして良かったことは、女性の水商売の世界と、男性の水商売の世界の両方が学べたことです。
最初は、ホストクラブというと、お金持ちの女性などが通うイメージだったのですが、全く違くて、ホストクラブにくるお客さんの多くは、風俗嬢やキャバ嬢で、そのお客さんたちは、お仕事で大変な苦労やストレスを抱えていて、仕事で疲れ切った心を癒すためにホストクラブに来るのだということが分かりました。
また、仕事を通していろいろなカクテルの作り方が学べたので、とても良かったです。

悪かったこと

ホストクラブでバーテンダーをして悪かったことは、キッチンの隣で働いていたので、グラスを落としてわってしまうたびに、キッチンで働いている料理人で一番偉い人に、「お前何やってるんだ。馬鹿野郎!」とすごい大声で怒られたことです。
私は、女なので殴られたりは結局しませんでしたが、キッチンで働いている新米の料理人の人は、失敗すると時々蹴られていたので、とても怖かったです。
働くシフトが夜の10時から朝の7時で、仕事帰りそのまま授業に出たりして、かなりきつかったことがあります。

バイトを希望する人へのアドバイス

ホストクラブで裏方のアルバイトするのは、かなり楽しいと思います。
ホストさんのように、たくさんお酒を飲んだり、接客を何時間もしたり、仲間とお客さんを取るのに競争したりしなくてもいいので、かなり気楽に仕事ができます。
人間観察に興味がある人は、大変勉強になる発見があると思いますし、ホストクラブの仕組みなど、ビジネスの部分を学ぶことができます。
夜中に長時間働くアルバイトなので、朝昼逆転するような生活になってしまいますが、ホストさんのお手伝いをできるやりがいのある仕事です。

閉じる

  1. 1

クチコミを投稿

ご自身のバイト・パート体験は、現在探している方への大変貴重なアドバイスとなります。志望した動機やきっかけ、働いてみた感想をお送りいただけますと幸いです。

投稿