アルバイトから正社員へ。登用されやすいバイトはコレだ

  • Twitter シェア
  • Facebook シェア
  • Hatena シェア
  • Google+ シェア

大学生の就職活動は、毎年ニュースで取り上げられていますが、殆どの方が長期戦で就職先を探しています。

中には何十社の試験を受けながら落ちてしまって、精神的にも追い詰められている人もいます。

それでも就職先が無事見つかって卒業出来ればいいですが、中には就職浪人してしまう方もいます。

学生だけでなく、すでに社会に出た方の転職でも同じようなことが言えます。

就職した職場での仕事が辛くて辞めたまではよかったけれど、なかなか次が決まらない。

会社を辞めて一か月位は、フリーになった自由を満喫していたのに、いざ仕事をはじめようと思ったら見つからず、連日のように職探しの日々・・・なんてことも。

学生や社会人どちらにも言えることですが、長期戦になればなるほど精神的に追い詰められていくようです。

しかし、一方で就職活動を殆どせずに就職を決めていく人たちもいます。

それは、アルバイト先の「正社員登用」を利用した就職。

「正社員登用」をしているアルバイト先を見てみると、常に人手不足で悩んでいる、良い人材を求めている等の理由から採用をしているようです。

確かに雇う側からしても、正社員となって0から教育するよりも、アルバイトで経験を積み、職場の雰囲気も仕事にも慣れた人の方が魅力的でしょう。

業種としては、IT企業、飲食店、運送業、警備員、アパレル店員等様々です。

目指せ正社員

では、「正社員登用」を行っている求人の探し方についてお話します。

まず、求人欄に「未経験者歓迎」「正社員登用有り」などと書かれています。

ただ、正社員を目指す方は少なくありませんので、常に求人情報にアンテナを張っている必要があります。

更に注意点が一つ。

雇用する側は、いずれ正社員として採用することを視野に入れてアルバイト雇用をしているため、通常はアルバイトに任せないような事もアルバイトに任せるかもしれません。

企業によっては、アルバイト時代に仕事を覚えてもらって、教育が終了したら正社員として雇う所もあります。

つまり、アルバイトだから気楽だと思っていたら、実際は大変だったなんてことも良くある話。

しかし、これを乗り越えないと正社員としての道は開けません。

アルバイト時代に誠意を持って仕事をしている姿を見せ、会社やお店からの信頼を得られるようにしましょう。

アルバイトでスキルを付けられるということは、得られるものも大きく、将来の自分に無駄なことはないはずです。

このような正社員登用の会社やお店では、面接時から正社員の可能性を伺っているはずです。

「正社員で働きたい」という要求ではなく、「正社員として御社に尽したい」というやる気が採用されるポイントかもしれません。

キーワードは、やる気と信頼です。

ありふく
ありふく
ライターのありふくです。
アルバイトの役立つ情報を掲載していきます。

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Google+