おすすめバイト求人サイトはどこ?

  • Twitter シェア
  • Facebook シェア
  • Hatena シェア
  • Google+ シェア

アルバイトを探す時、一昔前なら求人雑誌を買ったり、店の貼り紙を見て応募していましたが、今はネットで検索するのが一番効率的で速いです。

求人雑誌もありますが、ネットの方がタイムラグもなく新鮮な情報が得られます。

アルバイトを探すと言っても求める条件は希望する時給や仕事内容、勤務時間や待遇など人それぞれ。

地域によって求人数の数も随分違います。

しかし、不況時代の今の日本。

どこの会社も人手不足で悩んでいます。

ぎりぎりの人数の正社員のみで、足りないところはアルバイトで補う所は多く、働きたい人にとっては希望するアルバイトを見つけやすい時代とも言えるかもしれません。

ただし、それも探し方次第。

ネットを見れば複数のアルバイト求人サイトがあります。

どこのサイトがいいのか、何を見ればいいのか…よくわからないですよね。

ここでは、おススメの求人サイトとそれぞれの特徴についてお伝えしていきます。

バイト探しの参考にしてください。

おススメのアルバイト求人サイト

dipはたらこねっと

派遣情報サイトと書かれていますが、アルバイト求人も掲載されています。

全国区の求人情報を網羅していて、その求人件数はダントツ。

検索条件も実に細かく、例えばその求人の掲載日(応募開始)なども選べます。

どうしても譲れない条件は、「こだわり条件」で指定することもできます。

面接時に確認しなくても、求人の時に条件が確認出来るのは嬉しいですね。

マイナビバイト

マイナビバイトは、アルバイトを専門的に扱っているサイトです。

全国展開していて、夏休みなどの長期休暇を利用したリゾートバイト情報も閲覧可能。

短期~長期、時給など、扱っている情報の幅は広く、「さすがバイト専門」と言えるサイトです。

ジョブセンス

ジョブセンスもアルバイト専門の求人サイトで全国展開しています。

他のサイトと比べると、求人情報に写真が掲載されているものが多く、勤務先の雰囲気がわかりやすいです。

会員登録する時に「スキル」と「職務経歴書」を入力しておくと、企業側からスカウトされることもあります。

アルバイトが決まった時に申請すれば「お祝い金」も貰えるのは嬉しいですね。

e-Aidem

地域によってはチラシをご覧になったことがある方もいるでしょう。

チラシで求人広告を展開していますがサイトもあります。

紙面展開のノウハウが生かされたサイト作りで、ちらしを見る感覚でバイト探しができます。

バイトリッチ

こちらもアルバイトが決まればお祝い金が貰えるという嬉しい特典がついているサイト。

全国展開されていて、トップ画面が読みたくなる記事が満載。

また現在他の人がよく見ている情報もわかるので、どのバイトが人気があるのかがわかります。

「アルバイト診断」があって、生活スタイルなどを答えていくと、あなたにぴったりのアルバイトを検索してくれます。

ありふく
ありふく
ライターのありふくです。
アルバイトの役立つ情報を掲載していきます。

  • Twitter
  • Facebook
  • Hatena
  • Google+